» 未分類のブログ記事

6月に入り気温がも上がってきて薄着の季節がやってきました。
薄着になるとより一層気になるのがワキやひざ下などのムダ毛です。
電車に乗ると色々な脱毛サロンの広告がすごいですが、自分で脱毛したいという人もいるはずです。

  • 脱毛サロンに通う時間がない
  • 繁盛期の脱毛サロンは予約が取れない
  • ムダ毛処理を他人にやってもらうのが恥ずかしい
  • 自分でやった方が安く済みそう

理由としてはこんなところでしょうか。

脱毛サロンの料金

まず料金についてですが、脱毛するのはワキだけでいいというような場合には脱毛サロンが一番安く済むこともあります。
今もやっているかは知りませんが、ミュゼプラチナムなどの大手脱毛サロンはワキ脱毛の激安キャンペーンをやっていることが多いです。
しかも安い上に「納得いくまで何度でも通えます」というようなキャンペーンです。
こういったキャンペーンを利用すれば自分で脱毛するよりもはるかに安くすみます。

家庭用脱毛器

ケノン

料金以外の理由で自分で脱毛したいと考えているなら、家庭用脱毛器のケノンという商品を使うことをおすすめします。
はっきり言ってかなり人気があって評判もいい商品です。
レーザー式よりも照射範囲の広いフラッシュ式と呼ばれる方式の脱毛器です。
カートリッジだけはある一定回数使用後に新しいものに交換する必要がありますが、本体は壊れない限りずっと使えます。
ケノンは脱毛サロンでやってもらうのに近い仕上がりが期待できます。
自分の都合に合わせて自分のペースで使用できますし、家族みんなで併用することもできるのでとても便利です。
他にも自分で脱毛する方法にはブラジリアンワックスなどがあると思いますが、ケノンを使うことをおすすめします。

参考サイト

脱毛 自分で

出来てしまったシミを消したい、薄くしたいというときにできるのは、専門のクリニックでのレーザー治療があります。
しかし、そこまで深刻に悩んでいるわけではないのでレーザー治療はちょっと大げさすぎる、怖い、料金面での不安がある、という人もいるはずです。

そんな人たちに紹介したいのが「できてしまったシミ用の化粧品」です。
化粧品といってもファンデーションのようにシミを隠す化粧品ではなく、シミを薄くするために使う化粧品です。
そういった化粧品が実際にいろいろとあります。
どんな化粧品があるのかということについてはこちらでいくつか紹介されています。
>>出来てしまったシミ 化粧品

ハイドロキノンという成分

できてしまったシミ用の化粧品には大きく分けて2種類あります。
ハイドロキノンが配合されているものとそうでないものです。
このハイドロキノンという成分は化粧品にしてはお肌への影響が強い成分なので使用上の注意を守ることはもちろん、顔に本格的に使う前に足などの目立たない部位に塗ってパッチテストを行う必要があります。
それでお肌に特に異常が出なければ顔に本格使用していくことになります。
使用方法を誤ったりすると肌の色が抜けてしまう「白斑」という症状が出ることもあるので、注意してください。

注意点をここでも簡単に書くと

  • 1か所に長期使用はしない
  • 開封後は早めに使い切る(酸化による劣化を防ぐため)
  • 使用期間は普段以上に紫外線を避ける(日焼け止めなどを活用する)
  • アトピーなど肌に疾患がある人は使用前に医師に相談する

このような注意点があります。
使用上の注意さえきちんと守れば処方箋なしでも買えますし、自分だけで気軽に試すことができます。
ハイドロキノン配合の商品が肌に合わなかった人は、ハイドロキノンが配合されていないシミ用化粧品を試してみてはどうでしょうか。

オイリー肌の女性にとって、これからの暑い季節は皮脂と汗が混ざりファンデーションが崩れやすくなり、より一層顔のテカリが気になってきますね。
その夏のテカリ対策として化粧下地を替えてみるというのもひとつの手です。
オイリー肌向けの化粧下地というのも探してみると色々とあります。

その一つがセルフューチャーシルキーカバーオイルブロックです。

シルキーカバーオイルブロック

特徴

顔のテカリやファンデーション崩れ対策以外にも、目立つ毛穴やシワもカバーしてくれる優れものです。
顔が皮脂や汗でテカるとより一層毛穴やシワも目立つのでこれはうれしいですね。
肌に潤いやハリを与える美容成分もたっぷりと配合されています。

また、商品の製造は国内工場で行われていて、お客さんに納得して使ってもらうために全成分が公式サイトで公開されています。

上手な使い方

使い方のコツは厚塗りしないことです。
厚塗りしてしまうとかえってしわが目立ったり白っぽい感じに見えてしまうそうです。
ごく少量を指にとって顔全体に薄く伸ばすように塗っていくわけですが、詳しい解説はアプロスの公式サイトで写真付きで紹介されています。
さらに公式サイトでは動画での使い方の解説もされています。

関連サイト

シルキーカバーオイルブロック オイリー肌

最後に

オイリー肌対策について

化粧下地を替える以外にできるオイリー肌対策といえば、食生活や睡眠時間などの生活リズムを整えるということがあります。
脂っこいものばかり食べたり昼夜逆転生活などの不規則な生活はお肌にもよくありません。
そしてオイリー肌さんの洗顔についてですが、過剰な洗顔は逆効果なのでやらない方がいいです。
脂取り紙で皮脂を取り過ぎるのも同じです。
顔の皮脂は微量であればお肌のバリアのような役割をする肌にとって必要なものなので、その皮脂を洗顔などで過剰に取ってしまうと体が皮脂不足と判断して皮脂の過剰分泌が起こります。
皮脂の過剰分泌は保湿不足でも起こりますので、洗顔後は必ず保湿も心掛けてください。