出来てしまったシミを消したい、薄くしたいというときにできるのは、専門のクリニックでのレーザー治療があります。
しかし、そこまで深刻に悩んでいるわけではないのでレーザー治療はちょっと大げさすぎる、怖い、料金面での不安がある、という人もいるはずです。

そんな人たちに紹介したいのが「できてしまったシミ用の化粧品」です。
化粧品といってもファンデーションのようにシミを隠す化粧品ではなく、シミを薄くするために使う化粧品です。
そういった化粧品が実際にいろいろとあります。
どんな化粧品があるのかということについてはこちらでいくつか紹介されています。
>>出来てしまったシミ 化粧品

できてしまったシミ用の化粧品には大きく分けて2種類あります。
ハイドロキノンが配合されているものとそうでないものです。
このハイドロキノンという成分は化粧品にしてはお肌への影響が強い成分なので使用上の注意を守ることはもちろん、顔に本格的に使う前に足などの目立たない部位に塗ってパッチテストを行う必要があります。
それでお肌に特に異常が出なければ顔に本格使用していくことになります。
使用方法を誤ったりすると肌の色が抜けてしまう「白斑」という症状が出ることもあるので、注意してください。

注意点をここでも簡単に書くと

  • 1か所に長期使用はしない
  • 開封後は早めに使い切る(酸化による劣化を防ぐため)
  • 使用期間は普段以上に紫外線を避ける(日焼け止めなどを活用する)
  • アトピーなど肌に疾患がある人は使用前に医師に相談する

このような注意点があります。
使用上の注意さえきちんと守れば処方箋なしでも買えますし、自分だけで気軽に試すことができます。
ハイドロキノン配合の商品が肌に合わなかった人は、ハイドロキノンが配合されていないシミ用化粧品を試してみてはどうでしょうか。