6月に入り気温がも上がってきて薄着の季節がやってきました。
薄着になるとより一層気になるのがワキやひざ下などのムダ毛です。
電車に乗ると色々な脱毛サロンの広告がすごいですが、自分で脱毛したいという人もいるはずです。

  • 脱毛サロンに通う時間がない
  • 繁盛期の脱毛サロンは予約が取れない
  • ムダ毛処理を他人にやってもらうのが恥ずかしい
  • 自分でやった方が安く済みそう

理由としてはこんなところでしょうか。

まず料金についてですが、脱毛するのはワキだけでいいというような場合には脱毛サロンが一番安く済むこともあります。
今もやっているかは知りませんが、ミュゼプラチナムなどの大手脱毛サロンはワキ脱毛の激安キャンペーンをやっていることが多いです。
しかも安い上に「納得いくまで何度でも通えます」というようなキャンペーンです。
こういったキャンペーンを利用すれば自分で脱毛するよりもはるかに安くすみます。

料金以外の理由で自分で脱毛したいと考えているなら、家庭用脱毛器のケノンという商品を使うことをおすすめします。
はっきり言ってかなり人気があって評判もいい商品です。
レーザー式よりも照射範囲の広いフラッシュ式と呼ばれる方式の脱毛器です。
カートリッジだけはある一定回数使用後に新しいものに交換する必要がありますが、本体は壊れない限りずっと使えます。
ケノンは脱毛サロンでやってもらうのに近い仕上がりが期待できます。
自分の都合に合わせて自分のペースで使用できますし、家族みんなで併用することもできるのでとても便利です。
他にも自分で脱毛する方法にはブラジリアンワックスなどがあると思いますが、ケノンを使うことをおすすめします。

参考サイト
脱毛 自分で

出来てしまったシミを消したい、薄くしたいというときにできるのは、専門のクリニックでのレーザー治療があります。
しかし、そこまで深刻に悩んでいるわけではないのでレーザー治療はちょっと大げさすぎる、怖い、料金面での不安がある、という人もいるはずです。

そんな人たちに紹介したいのが「できてしまったシミ用の化粧品」です。
化粧品といってもファンデーションのようにシミを隠す化粧品ではなく、シミを薄くするために使う化粧品です。
そういった化粧品が実際にいろいろとあります。
どんな化粧品があるのかということについてはこちらでいくつか紹介されています。
>>出来てしまったシミ 化粧品

できてしまったシミ用の化粧品には大きく分けて2種類あります。
ハイドロキノンが配合されているものとそうでないものです。
このハイドロキノンという成分は化粧品にしてはお肌への影響が強い成分なので使用上の注意を守ることはもちろん、顔に本格的に使う前に足などの目立たない部位に塗ってパッチテストを行う必要があります。
それでお肌に特に異常が出なければ顔に本格使用していくことになります。
使用方法を誤ったりすると肌の色が抜けてしまう「白斑」という症状が出ることもあるので、注意してください。

注意点をここでも簡単に書くと

  • 1か所に長期使用はしない
  • 開封後は早めに使い切る(酸化による劣化を防ぐため)
  • 使用期間は普段以上に紫外線を避ける(日焼け止めなどを活用する)
  • アトピーなど肌に疾患がある人は使用前に医師に相談する

このような注意点があります。
使用上の注意さえきちんと守れば処方箋なしでも買えますし、自分だけで気軽に試すことができます。
ハイドロキノン配合の商品が肌に合わなかった人は、ハイドロキノンが配合されていないシミ用化粧品を試してみてはどうでしょうか。

オイリー肌の女性にとって、これからの暑い季節は皮脂と汗が混ざりファンデーションが崩れやすくなり、より一層顔のテカリが気になってきますね。
その夏のテカリ対策として化粧下地を替えてみるというのもひとつの手です。
オイリー肌向けの化粧下地というのも探してみると色々とあります。

その一つがセルフューチャーシルキーカバーオイルブロックです。
顔のテカリやファンデーション崩れ対策以外にも、目立つ毛穴やシワもカバーしてくれる優れものです。
顔が皮脂や汗でテカるとより一層毛穴やシワも目立つのでこれはうれしいですね。
肌に潤いやハリを与える美容成分もたっぷりと配合されています。

また、商品の製造は国内工場で行われていて、お客さんに納得して使ってもらうために全成分が公式サイトで公開されています。

使い方のコツは厚塗りしないことです。
厚塗りしてしまうとかえってしわが目立ったり白っぽい感じに見えてしまうそうです。
ごく少量を指にとって顔全体に薄く伸ばすように塗っていくわけですが、詳しい解説はアプロスの公式サイトで写真付きで紹介されています。
さらに公式サイトでは動画での使い方の解説もされています。

関連サイト
シルキーカバーオイルブロック オイリー肌

<最後に>
化粧下地を替える以外にできるオイリー肌対策といえば、食生活や睡眠時間などの生活リズムを整えるということがあります。
脂っこいものばかり食べたり昼夜逆転生活などの不規則な生活はお肌にもよくありません。
そしてオイリー肌さんの洗顔についてですが、過剰な洗顔は逆効果なのでやらない方がいいです。
脂取り紙で皮脂を取り過ぎるのも同じです。
顔の皮脂は微量であればお肌のバリアのような役割をする肌にとって必要なものなので、その皮脂を洗顔などで過剰に取ってしまうと体が皮脂不足と判断して皮脂の過剰分泌が起こります。
皮脂の過剰分泌は保湿不足でも起こりますので、洗顔後は必ず保湿も心掛けてください。

高村光太郎2

| 未分類 |

芽の大きくなつた並木の MARRONNIER は、軒並みに並んでゐる珈琲店の明りで梢の方から倒まに照されて、紫がかつた灰色に果しも無く列つてみえる。その並木の下の人道を強い横光線で、緑つぽい薄墨の闇の中から美しい男や女の顔が浮き出されて、往つたり来たりしてゐる。話声と笑声が車道の馬の蹄に和して一種の節奏を作り、空気に飽和してゐる香水の香と不思議な諧調をなして愉快に聞える。動物園のインコやアウムの館へ行くと、あの黄いろい高い声の雑然とした中に自ら調子があつて、唯の騒音でも無い様なのに似てゐる。僕は此の光りと音と香ひの流れの中を瀬のうねくるままに歩いてゐた。三人の女は鋭い笑ひ声を時々あげながらまだ歩いてゐる。
 僕は生れてから彫刻で育つた。僕の官能はすべて物を彫刻的に感じて来る。僕が WHISTLER の画や、RENOIR の絵を鑑賞し得る様になるまでには随分この彫刻と戦つたのであつた。往来の人を見ると、僕はその裸体が眼についてならないのである。衣裳を越して裸体の MOUVEMENT の美しさに先づ酔はされるのである。
 三人の女の体は皆まるで違つてゐる。その違つた体の MOUVEMENT が入りみだれて、しみじみと美しい。

 私は自分で生きものを飼う事が苦手のため、平常は犬一匹、小鳥一羽も飼っていないが、もともと鳥獣虫魚何にてもあれ、その美しさに心を打たれるので、街を歩いていると我知らず小鳥屋の前に足をとめる。母が生きていた頃だからもう十幾年か以前の事である。或る冬の日本郷肴町の小鳥屋の前に立って、その頃流行していたセキセイインコの籠のたくさん並んでいるのを見ていたが、どうもこの小鳥の極彩色の華美な衣裳と無限につづくおしゃべりとが、周囲のくすんだ渋い、北緯三十五度若干の東京の太陽の光とうまく調和しないように感じられて、珍らしくおもしろいとは思いながら、それほど夢中にはなれなかった。そのうちセキセイのぺちゃくちゃの騒音の間から、静かな、しかし音程のひどく高い、鋭く透る、ヒュウ、ヒュウという声が耳にはいった。店の奥の方から来るのだが、それが何だかもっと大変遠いところから聞えて来るような響をしているので、何だろうと思って店の中へ踏み込んだ。その頃私は小鳥の名などをさっぱり知らなかったので、それぞれの籠につけてある名札をよみながら鳥を見た。鶯、山雀、目白、文鳥、十姉妹などの籠の上に載っていたウソをその時はじめて詳しく観察した。さっきの声はそのウソの鳴音だったのである。

 私は今、かねての念願を果そうとして団十郎の首を彫刻している。私は少年から青年の頃にかけて団十郎の舞台に入りびたっていた。私の脳裡には夙くすでに此の巨人の像が根を生やした様に大きく場を取ってしまっていた。此の映像の大塊を昇華せしめるには、どうしても一度之を現実の彫刻に転移しなければならない。私は今此の架空の構築に身をうちこんでいるけれど、まだ満足するに至らない。私のもまだ駄目だが、世上に幾つかある団十郎像という記念像もみな物になっていない。浅草公園の「暫」はまるで抜け殻のように硬ばって居り、歌舞伎座にある胸像は似ても似つかぬ腑ぬけの他人であり、昭和十一年の文展で見たものは、浅はかな、力み返った、およそ団十郎とは遠い芸術感のものであった。其他演劇博物館にある石膏の首は幼穉で話にならない。ラグーザの作というのはまだ見ないでいる。団十郎は決して力まない。力まないで大きい。大根といわれた若年に近い頃の写真を見ると間抜けなくらいおっとりしている。その間ぬけさがたちまち溌剌と生きて来て晩年の偉大を成している。一切の秀れた技巧を包蔵している大味である。神経の極度にゆき届いた無神経である。彼の第一の特色はその大きさにある。いかにも国運興隆の大きさである。彼の実際の身の丈けは今の吉右衛門よりも小さい。五代目菊五郎と並んだ写真では菊五郎の方がわずかに背が高い。その短躯が舞台をはみ出す程大きいのである。彼は肥っても居ず痩せても居なかった。彼の大きさは素質から来ている。深みから来ている。血統から、荒事師の祖先から来ている。絶体絶命の大きさなのである。